AGAに悩む未成年でも使用できる薬とシャンプー

生活習慣の改善は、未成年のAGA対策としてとても効果的です。

ただ、生活習慣の改善は特効薬ではなく、長く続けることで効果が現れるもの。

薄毛に対して深刻なストレスを抱えている人の場合、できるだけ早く効果の出る対策を始めたいとも思うものです。

それであれば、皮膚科を受診してみましょう。

皮膚科であっても、AGA専門クリニックと同様、未成年にフィナステリドとミノキシジルを処方することはできません。

しかし、脱毛症に効果のある別の薬なら処方することはできるのです。

未成年であっても使用できる薬としてよく医療機関で使われるのが、「塩化カルプロニウム」とう成分をメインとした治療薬です。

塩化カルプロニウムには血行促進作用があるため、抜け毛が気になる部分に塗布すれば、毛乳頭細胞を刺激することができるため、薄毛改善が期待できます。

とくにコレといった副作用もないため、安心して使用して大丈夫でしょう。

ただ、どこの皮膚科でも取り扱っているわけではないので、皮膚科を受診する前に確認しておいた方が良いですね。

このように、薬によって副作用も異なるため、お医者様に相談して決めることも大切でしょう。関連サイトはこちら⇒【AGA】飲むタイプの薄毛治療薬の種類と注意点【お医者さんに相談だ】

また、健康的な髪の毛を生やすためには、頭皮を清潔にしておくことも大切。

頭皮の毛穴まで洗うことができるスカルプシャンプーを使うようにし、しっかりと頭皮をマッサージしながらシャンプーをするととても効果的です。

未成年のうちは、特別な育毛剤を使わなくてもAGAの進行を食い止めることができます。

あまり深刻に考えすぎず、自分が今できることを確実に行っていくようにしましょう。

Comments are disabled