未成年、AGA治療の壁

薄毛がAGAによるものであれば、医療機関で薄毛治療を受けることで、抜け毛の進行を抑え、発毛を促すことができます。

現在では、AGA専門クリニックでのAGA治療が主流となっており、全国にたくさんのAGA専門クリニックがあります。

病院で発毛治療を受ける男性は年々増えており、患者の約8~9割は育毛効果・発毛効果を実感していると言われています。

そのため、AGAであるなら、早めの頭髪治療が一番効果的です。

しかし、未成年の場合、AGAであっても大きな壁が立ちはだかってしまいます。

それが「年齢」。

実は、AGA薄毛治療薬として知られるフィナステリドとミノキシジルは、成人男性にしか処方することができません。

なぜなら、フィナステリドは男性ホルモンに関与すること、ミノキシジルは血管を拡張させる作用があることから、体が十分に発達しきれていない未成年が使用すると、思わぬ副作用が起こってしまう可能性があり、体の成長を阻害してしまうこともあるためです。

なので、どこの医療機関に行ったとしても、未成年のうちはフィナステリドとミノキシジルの2種類のAGA治療薬は処方してもらうことはできません。

フィナステリドとミノキシジルをメインとしてAGAの治療を行うAGA専門クリニックには、20歳を超えてから行くようにしましょう。

未成年で脱毛に悩んでいるのであれば、まずは自分でできるAGA対策から始めてみませんか?

未成年のうちは、AGAであったとしてもまだ薄毛レベルは深刻ではありません。

治療薬を使わなくても、ある程度改善させることが期待できます。

Comments are disabled